* Novel List


NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タグ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

スイルシートの末尾に以下を追加すると、小説用から一般ブログ用の表示に変更できます。
.delete { display : none!important ; }
.for_normal,.未分類 { display : block!important ; }


※尚、ユーザー タグ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  スポンサー広告  

 スポンサーサイト 

Edit] 

【 作品のご案内 】        --.--.--. ~  執筆

 スポンサーサイト 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

»» スポンサー広告 

 ▲PageTop 

「晴将(長め/ちょっとあり)」
  七十五日の瓢箪と駒  

 七十五日の瓢箪と駒 壱 

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2016.09.20. ~  執筆
寝不足の頭で、フラフラと宮中を歩いていたら、将之に会った。「あ、晴明」自分を見つけて、笑顔で駆け寄って来る。左近衛府の同僚か、親しい貴族の友人かは分からないが、遠目からもあきらかに身分の高そうな数名に囲まれて、楽しそうに談笑をしていたのに。簡単にその輪から抜け出して、こちらに来た将之に、ただでさえ寝不足な晴明は、ちょっと眩暈がした。ほら、おまえの後ろで、こちらを睨んでいる男がいるではないか。まだ話...

 七十五日の瓢箪と駒 壱 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

»» 七十五日の瓢箪と駒 
【 晴将(長め/ちょっとあり) 】

 ▲PageTop 

  とにかく将之(親友/姉上/他)  

 共に・・・〜幕間〜 壱 

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2016.09.12. ~  執筆
「彩子さま、将之さまがいらっしゃいました」女房から声が掛かる。昭陽舎の女御、彩子は入口の高い位置へと目を向けた。「姉上、お邪魔いたす」声を掛けながら、弟の左近衛府少将、将之が入って来た。自分が座っているから、というだけの理由ではなく、首を動かして見上げなければならない弟の体躯を、誇らしく思う。「いらっしゃい、将之。今日はどうかしましたか」「いえ、だだ、姉上のお顔を拝見しに伺っただけです」そう言って...

 共に・・・〜幕間〜 壱 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

»» とにかく将之(親友/姉上/他) 

 ▲PageTop 

「晴将(長め/ちょっとあり)」
  共に・・・  

 共に・・・ 壱 

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2016.09.01. ~  執筆
最近ふと、晴明の様子がおかしいと思うことがある。ぼーっとしているというか、心ここにあらずのような。はじめは、俺と話している時や酒を飲んでいる時などが多かったので、ここのところいろいろあったし、気が抜けているのか?とか、疲れているのか?と思っていた。先の橘影連とのことがあって、実際に身体は疲れているだろう。精神的に落ち着くまでには時間が掛かると思う。影連とは、どれほど複雑な関係だったのだろうか。最初...

 共に・・・ 壱 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 【 総もくじ 】

»» 共に・・・ 
【 晴将(長め/ちょっとあり) 】

 ▲PageTop 

  とにかく将之(親友/姉上/他)  

 猪流処世術 前 

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2016.08.29. ~  執筆
パラレルです。影連が鬼にならなかったら。保憲どのの誘いに応じて播磨へ出向して、ちょっと落ち着いた感じの影連どの。晴明に紹介されて、ごく普通に将之と初対面したら。----------将之が晴明と親しくなってから、二年近くだろうか。以前から良く晴明の話に登場する、とても優秀な兄弟子の「影連どの」が、任地の播磨から戻って来るらしい。師匠である陰陽頭の忠行どのの、ご子息である保憲どの。この方も晴明の話には良く登場す...

 猪流処世術 前 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

»» とにかく将之(親友/姉上/他) 

 ▲PageTop 

  とにかく将之(親友/姉上/他)  

 猪出世考 

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2016.08.24. ~  執筆
姉上が中宮になられるのなら。出世しなくてはな。自由にお会い出来なくなってしまう。猪にしては珍しく、そんなことを言うから。先日たまたま耳にしたことを聞いてみた。少将になるまでは、異例の出世で神童的だったらしいじゃないか。ああ、それか。おまえ、絶対笑うぞ。俺が十四の初冠と姉上が十六の入内で、一緒に高雄から都に戻って来たんだ。それまでずっと一緒に居たのに、姉上は御所で俺は父上の屋敷だから、急に会えなくな...

 猪出世考 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

»» とにかく将之(親友/姉上/他) 

 ▲PageTop 

  いちおう晴将(短め/軽め)  

 陽避けの太陽 

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2016.08.18. ~  執筆
真夏の夕刻前。ふと目を覚ますと、目の前に将之がいた。西に傾いた陽射しの当たる廂。将之の後ろには、部屋の奥から移動させたのか、几帳。目の前の将之は座った状態で、居眠りをしている。そんな状況を眺めながら、晴明は自分が眠りに落ちる前のことを思い返した。じりじりと照りつける夏の太陽を逃れて、東や南側の廂から移動して来たのが、昼前。昼食を取って、この西側の廂で、一時ほど書を読むつもりだった。読み始めてまだそ...

 陽避けの太陽 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

»» いちおう晴将(短め/軽め) 

 ▲PageTop 

  このサイトと管理人について  

 このサイトの傾向 

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2016.07.21. ~  執筆
将之が好きなので、将之を中心にしたお話しか書かないと思います。好きなキャラは受の嗜好なので、将之受の話ばかりです。心も体も腕も強い将之が好きなので、そういうシーンがないと、どちらが受か分からない話になると思います。かといって、そーゆーシーンを書くのが得意ではないので、あまり濃いのは難しいです。ただ、何人ものお相手と同時進行出来ちゃう器用な将之はあまり好まないので、総受ではなく、それぞれのお話ごとに...

 このサイトの傾向 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

»» このサイトと管理人について 

 ▲PageTop 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。