スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←リンクのお知らせ →カテゴリを追加&このブログの使い方
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png 晴将(長め/ちょっとあり)
  • 【リンクのお知らせ】へ
  • 【カテゴリを追加&このブログの使い方】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

とにかく将之(親友/姉上/他)

猪出世考

 ←リンクのお知らせ →カテゴリを追加&このブログの使い方
姉上が中宮になられるのなら。出世しなくてはな。
自由にお会い出来なくなってしまう。

猪にしては珍しく、そんなことを言うから。
先日たまたま耳にしたことを聞いてみた。

少将になるまでは、異例の出世で神童的だったらしいじゃないか。

ああ、それか。おまえ、絶対笑うぞ。
俺が十四の初冠と姉上が十六の入内で、一緒に高雄から都に戻って来たんだ。
それまでずっと一緒に居たのに、姉上は御所で俺は父上の屋敷だから、急に会えなくなってしまった。
文官なら少納言、武官なら少将になれば、御所に自由に出入りが出来るようになると言われて、武官を選んだだけだ。十七で少将になったから、確かに早いかもな。でもまあ、どう考えたって、ほとんど父上のお力だよ。
実際は、良くある順番でなったんだ。初冠直後の侍従から、兵衛佐、左少将って。
侍従でも参内は出来るけど、まだ内裏が良く分からなくて、父上か兄上が参内すると聞き付けては、一緒に昭陽舎へ連れて行ってもらってた。
十六くらいになるとさすがに、姉上ばかりでなく、他の姫君に目を向けろと怒られたけど。
目的がなんであれ、出世に意欲的な分には、父上にも兄上にも歓迎されたから、手を尽くしてくれたのだと思う。
もしかしたら、光弘兄にはそれが印象深くて、不愉快だったのかもな。

こんな話をするのは、おまえが初めてだけど。
中将は多分、俺が望めば与えられる。
そんな簡単に手に入るものには、正直あまり面白味を感じられない。
それに、今よりも自由が効かなくなる分、おまえと一緒に怨霊退治とかに行けなくなる。それはつまらない。
でも、姉上が中宮になられるのなら。
中将では足りない。大将にならなくては。
大将を目指すのなら、それなりの努力が必要だろう?

そう言って笑う表情は、男らしくて格好良く見えた。
やはり、目的に向かって突き進む男は、闘争本能や狩猟本能が刺激されて、生き生きして見えるのだろうか。
楽しそうで、わくわくしているようにも見える。

望めば与えられる。とは、すごい自信だ。それをまた、予想というよりは、ほぼ確定事項として話しているところが、さすがに藤原一族筆頭たる右大臣家の御曹司だと思わせる。

猪少将が猪中将になって、果ては猪大将か。
この男はきっと猪のまま、突き進むのだろう。
たいそうな友人を持ってしまった。
確かに、私も退屈しないで済みそうだ。







----------

昨日の今日で、舌の根も乾かぬうちに、更新しててスミマセン(^_^;)

「平安の官位について」とそのコメント欄にも、いろいろ書いたのですが、身分とか官位とかを調べ始めると、キリがないですねー。
というわけで、身分違いとか参内時の衣冠の色とか、萌え萌えしながらいろいろ調べていたら、こんな形になりました。

聞きかじりで勝手に萌えて書いているので、いろいろ間違っていると思います。
本当は中宮は帝とはまた違うと思いますが、帝の御尊顔を直接拝謁出来るのが、武官では最高位の近衛大将(レベル六)だけのようなので。
うちの将之さんは、姉上が大好きで、姉上を中心に世界が回っているようです。

それと、平安時代は400年もあって江戸時代より長いから、どの時期かによっても、いろいろ変わるようです。資料のチョイスが難しい。
ざっくり800年〜1200年辺りが平安で、安倍晴明が生きてるのが1000年前後のようなので、まさに中期のど真ん中ですね。
藤原氏で一番有名な道長さんも同じ時代の人。道長さんの方がずっと年下だけど、親交はあったらしい。晴明さんは本当に八十五まで生きたらしく、六十代と二十代くらいの歳の差なので、晴明サマと将之さんというよりは、忠行どのと将之くんかな。道長さんも豪爽な性格で弓射が得意で兄上が政敵だったらしい(笑)。


関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 晴将(長め/ちょっとあり)
  • 【リンクのお知らせ】へ
  • 【カテゴリを追加&このブログの使い方】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

こんばんは

こんばんは、はるかさんv

うーん、よく調べられてますね。
そうか、位によって色々違うのですね。

将之には出世して欲しくて作中で中将になって欲しいなと思っていました。

姉上を追い掛けて出世するというのは将之らしいですねv

服の色も萌えます(笑)

ゆきんこさまv

> そうか、位によって色々違うのですね。
少将は位のレベル十二で、中将はレベル十です。
王都では将之は出仕中に黒い服を着ていますが、本来なら黒はレベル十以上じゃないとダメらしいです。
まあ、そんなこと言ったら、晴明の白は本来は天皇の色だそうなので、袋叩きレベルのNGですが(笑)。
そこはマンガだし、ビジュアル重視よね〜と思ってます。冠も被ってないしね。

> 将之には出世して欲しくて作中で中将になって欲しいなと思っていました。
そうですよね〜。でも、猪中将よりは、猪少将の方が語呂が良いですよね。
番外というか原点の「花鎮」の将之は、渋くて中将っぽいですよねv

> 姉上を追い掛けて出世するというのは将之らしいですねv
おぉ。ご賛同頂けたv 嬉しいです。ありがとうございます。
私が書くと、将之の言葉の端々に姉上が出てきて、自分で笑えます。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【リンクのお知らせ】へ
  • 【カテゴリを追加&このブログの使い方】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。