スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←カテゴリを追加&このブログの使い方 →猪流処世術  前
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png 晴将(長め/ちょっとあり)
  • 【カテゴリを追加&このブログの使い方】へ
  • 【猪流処世術  前】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

このサイトと管理人について

カテゴリ悩んでます(苦笑)

 ←カテゴリを追加&このブログの使い方 →猪流処世術  前
実際に書き込んでいるのは月曜日の日中ですが、夜にお話を更新する予定なので、日曜日の日付で更新しています。

月曜日の夜の更新で、カテゴリの名前をまた悩んでいます。

いちおう恋愛感情とかそういう関係が前提のお話と、原作寄りとして、親友設定や姉上とのお話(かなりシスコン)、ノーマルカプ(将之のお相手が姫君)、で分けようと思ったのですが、シスコンもノーマルカプのお相手捏造も、腐れてないだけで、別に原作寄りとは言えないし(苦笑)。
そこへ、夜の更新予定のお話はパラレルなので、さらに原作から遠くなりました。

なのでとりあえず、とにかく将之が中心のお話と、いちおうカップリングのお話で、分けてみました。


それから、このブログのお話の傾向について。
ブログの説明部分にも記載していますが、腐婆です。歳食った腐女子ってことです。
なにしろ、頭の中が基本的に腐れてますので、私の脳内の将之さんは、大抵の場合は誰かと出来上がっています。お相手は晴明サマであることが、七割くらいです。
残りの三割の中には、ノーマルカプや晴明サマ以外がお相手の将之受や、恋愛のお相手はいなくても良いし、いても誰でもいいけど、とにかく姉上が大好きな将之さんがいます。あくまでもシスコンなので、姉上とのカップリングはないです。

お話を書く時は、そんな脳内の一部を切り取って、引っ張り出して膨らまして、となります。
切り取った場所によっては、出来上がる前のお話になったりもしますし、そういった描写がなければ、原作親友モードに見えることもあると思っています。

でも、私が読んだことのある王都のサイトさまは、どこもけっこうその手のシーンは軽めのお話が多いようで。
原作の雰囲気を大切にされているお話を、良く見かけます。

そろそろ、長めで濃いめのお話を更新しようかと思っていたのですが、なんだか読み返して、不安になって来ました(^_^;)
そんなジャンルに、私の腐れた話を投下して大丈夫かなあ?と。
不安だなぁ。
いやまあ、自己満足ブログなのでいいんですけど。
引かれるのは、さすがに哀しいなあと(苦笑)。


あとは、王都はかなり昔の作品で、これから何かが進展する見込みもないですし、原作も少女漫画ですし、版元も特に厳しいイメージがなかったので、検索避けとか、全く気にしてなかったのですが。甘く見ていたと言うか。
岩崎先生の新連載も始まるし、その煽り文句が「王都妖奇譚の岩崎陽子先生の新連載」だったので、もしかして検索数が上がったりするかなーとか。

以前は、ナマモノに片足を突っ込んでいたこともあったりして、サイトの検索避けとか気にしてたんですけどね。
少年漫画が原作の場合は、お子さまが辿り着けないようにとか、版元がウルサイ場合とかも。
10年振りくらいに発信側に返り咲くと、やっぱりいろいろ危機感が緩んでますねぇ(苦笑)。

そんなわけで、新しい物に挑戦ついでに、Pixivを利用してみようかと。
せっかく立ち上げたので、こちらもこのまま継続します。
萌え語りと、軽いお話は今まで通りに更新します。
あとPixivの更新履歴も載せる予定です。
逆にPixivの方は、萌え語りをする場所ではないので、濃いめのお話をただupする場所にしようかと。

そんな二刀流をどこまで継続してやって行けるか分かりませんが、返り咲いたこの勢いで、ちょっと試してみたいと思っています。
PixivのIDとかは、濃いめのお話のupが完了したら、お知らせします。

ブログもPixivも初めてなので、さて、どうなることやら。

でも、王都にハマり直して、日々楽しいことだけは確かなので、いろいろ調子に乗って、各所にご迷惑をお掛けしたりもしていますが、きっと浮き浮きと新しい事に挑戦して行くのだと思われますv(笑)


関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 晴将(長め/ちょっとあり)
  • 【カテゴリを追加&このブログの使い方】へ
  • 【猪流処世術  前】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【カテゴリを追加&このブログの使い方】へ
  • 【猪流処世術  前】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。