スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←今更ですが「ルパン・エチュード」2話感想 →ひえええ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png 晴将(長め/ちょっとあり)
  • 【今更ですが「ルパン・エチュード」2話感想】へ
  • 【ひえええ!】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

更新履歴と管理人の日常?

語彙力と使い処とタイミング

 ←今更ですが「ルパン・エチュード」2話感想 →ひえええ!
字書きなのに今更ですけど。
本当に、言葉って大切だなぁ、と改めて思うことがありまして。

語彙力も大切なんですけどね。
同じ意味の言葉を、何度も重ねて表現したい時、言い換える時に、語彙力が少ないと、すぐに詰まりますから。
仕方なく同じ言葉を何度も並べるしか無くなると、なんかシツコクなるし。

でもまあ、使い方とか使い処も重要だなあと思いました。
あとはタイミングもかな。
例えば、マイナスなことを伝える時。結果的には同じことだとしても。

悪口や文句に聞こえた、怒られたり嫌がられているように感じた、では、マイナスのイメージが増幅されますし、そこから話が進みません。
でもそれが、本当に心から心配してくれているとか、申し訳ないと思ってくれているとか、より良くなるよう指導してくれているとか、応援してくれているとか、そういった、相手を慮ってくれていることが伝われば。
逆にこちらこそ申し訳ないとか、教えてもらってありがたいとか、今後はもっと頑張ろうとか、プラスに転換出来るんですよね。

それが相手に伝わらない言葉の使い方をしてしまっては、どんなに正しくて常識的なことだとしても、無意味だと思いました。

タイミングも同じこと。
正しさで殴って、相手が疲弊している時に、また別の新たな正しさで殴ったら。
間違っていないかもしれないけれど、それってどうなの?ってなります。
間違いを指摘されて、その修正をしている時に、今度は遅いと怒られる、みたいな。

これって多分、例えば新人教育とか、何かのお断りとか、訂正や修正依頼とか。
どんな時にも通用することだと思うので、なんとなく、記しておきます。

同じマイナス事項を伝えるにしても。
言葉がていねいで、相手を思う気持ちがある人は。
ちゃんと言葉を尽くして、誠意を伝え、相手をマイナスな気分にさせないスキルがあるんですよね。
ああ、なら、しょうがないな。と、相手に思わせるだけの。
語彙力と言葉の選び方と使い方と使い処と、タイミングがあるのです。
意識的にだったらよりすごいことですが、ちゃんと気持ちがある人は、それを自然と見極められるのだと思います。

見習いたいものです。


関連記事
スポンサーサイト


総もくじ  3kaku_s_L.png 晴将(長め/ちょっとあり)
  • 【今更ですが「ルパン・エチュード」2話感想】へ
  • 【ひえええ!】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【今更ですが「ルパン・エチュード」2話感想】へ
  • 【ひえええ!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。